So-net無料ブログ作成
検索選択

就学援助費☆

長男の入学式に配られていた就学援助費の申請書ですが、審査結果が届きました。






我が家は審査に通ったみたいです…

これって持ち家か賃貸か、家族構成などで限度額は随分変わるんだけど、我が家は所得が低いということが証明されたもんなので、なんか微妙な気持ちです。

所得で決まる為、短時間パートで年収の低い私は計算に入らないので純粋に旦那の年収から決まるんだけどね。(ちなみに小学生と幼稚園児の父親としてはかなり若いので、年齢で言えば年収少し多いです。)


ただ援助費がでると給食費とか入学準備費用とかいろいろ出るのはホントにありがたいなと思います。
修学旅行費用も出るんだっけ?その年齢の時には限度額を越えているはずだけど、こういうのもホントに困っている家庭は助かるんじゃないかな。



長男は3月生まれだから、今の法律だと児童手当ては中3の3月まで。月齢でいうと15歳0ヶ月までになります。
これが同じ学年の4月生まれだと、うちの子に比べると11ヶ月分多く貰えるんだよね。11万円の差ですよ!!

で、更に扶養控除に関しては16歳からとなるので、3月生まれは高校1年生でも15歳の間は控除が受けられないんです。



手当もなく、控除もなく。そういう1年間が存在します。



なので、我が家は就学援助費位は貰えるかもしれないなら申請しようということになりました。
援助費は現金が口座に振り込まれるので、正直そのお金を何に使おうと学校で必要なお金を家計から払っていても関係ないのですが、子供に対する補助金なのできちんと子供の為に使おうと思っています。













nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

幼稚園の役員会議☆

今日は幼稚園の役員会議でした。
前回は長男の発熱で参加できなかったので、私は初参加。。。
1年の流れとかなんにもわからなくてどうなることかと思ったけれど、過去数年間分の記録ノートや前年度の具体的な活動報告もあったので以外とスムーズにいけそうでした。







今年度は自治会の役員もあるのですが、そっちのが毎回グダグダかも(笑)
平日の夜集まるんだけど、子供を置いていくわけにもいかないので眠い中連れていくのに中身のない会議で…


それに比べると、幼稚園の方は我が子の為にという前提が強いので、参加していて楽しかったです。
ずっと専業主婦だった人とかは久々の社会復帰になるからより楽しいんじゃないかな?

今年度は『無駄を徹底的に排除する』というテーマで、前年度の要望は実現させつつ役員の集まる回数は極力減らそうということに。私以外にも仕事している人が沢山いるし、上に1~2人子供がいるのは当たり前、ビックリしたのは未就園児がいる人もいたこと!
役員は未就園児がいる家庭には打診がないとばかり思っていたので、よっぽど決まらなかったのか…
まぁ、やる気のある人はどんな状況でも引き受けるけどね。
そんな中頑張るお母さんのフォローは快く致しますよ(^-^)



会議は2時間半かかったけれど、忙しいママの集まりはサクサク進むから気持ちがよかった。
今までじっくり読んでこなかった保護者代表からのプリントの中身も、こんなにいろいろ考えられてたんだなと思うと今までホントにごめんなさい!提出締切くらいしか把握してなかったかも。。。


そのプリントの件も、各自役員がなるべく個別に質問を受けなくてもいいようにというのが大前提で(笑)ホントに徹底的に負担を排除していくようでした。



次回の集まりはだいぶ先(←徹底排除の成果)なんだけど、個人的にひとつとても大きな気掛かりが出来てしまった。

役員はクラスから二人選出されているんだけど、私の相方に当たるお母さんがとってもとっても個性的な方で、今回は2時間半の間一言も発せず…ちらっと見るとスマホいじってたり…
年齢は私より上なんだけど、この協調性の無さは大丈夫なんだろうか。

会議は年中と年少の親で動くからいいんだけど、いざイベントとなると私たち二人で我が子のクラスを動かすんだよね。
大丈夫かしら???ホントにコミュニケーション取りづらいんだけど(泣)
うちのクラスはなかなか役員が決まらなかったと聞いていたけど、子供のため、幼稚園のために引き受けたからには相方とも仲良く協力して頑張りたいんだけどなぁ。

ちょっと先行き不安な一件です。











nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

我慢が出来る人☆

我慢って、出来ればしたくないですよね。
しないといけない我慢もあるししない方がいい我慢もあるけれど、私はそもそも我慢が嫌いです(笑)

今回は「ワガママと負けず嫌い」についての記事の閲覧数が多かったので、それ繋がりの「我慢」についてのお話です。





次男は自己主張が強く、体力があって何でもパワフルなので、3歳になりたてくらいに本格的に我慢の練習をしました。
3歳以前にできればよかったんだけど、私が効果的なやり方を見つけたのがそれくらいだったので、幼稚園に入園する少し前に実行しました。

祖父母には『我慢が出来ないまま今よりも力が強くなったら、最悪こっちが骨折とかしそうだから…(;_;)』と話したら、そりゃ大変!ときちんと理解してくれて、我慢教育強化期間(?)に協力してくれました。






これは我が家が成功した例なので、みんながうまくいくとは限らないんだろうけど…


①何か強い要求が始まったら、こちらは絶対に揺るがないという態度を貫きます。
②泣いたりわめいていても、時々弱まるタイミングを見逃さないようにします。(多分ちょっと疲れて休憩してる)
③なぜダメなのかを手短に説明します。
ここからが重要!!
④我慢できたり理解してくれたら、これでもかってくらいに大袈裟に『我慢出来たということ』を誉めます!「我慢出来たね!頑張ったね!やっぱりお兄さんだね!ママ嬉しい!ありがとう!」

すると今まで泣いていたのが嘘のように『僕もう我慢出来るの!』ってキラキラした表情になります。
我慢を出来たということが、自信になるみたいです(^-^)v
この時に『言うこと聞けたね!』とは言いません。これは言いなりになるということだから、あまり前向きな表現ではないのでね。


この方法で次男はすっかり我慢ができる自分に酔いしれるようになりました(笑)
今でもどうしてもダメなことを理解してくれたときは、その事をたっぷり誉めて我慢することを頑張ったねということを伝えています。

これが夫婦の場合でも、嫌々でも夫側の意見に合わせたときに一言「ありがとう!」といってくれたら気分が違うかと思います。それと一緒で、3歳でもやはり我慢の頑張りを認めてありがとう!と感謝の気持ちを伝えると違うみたいです(^-^)

よかったら、お試しあれ☆






nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

1日が24時間だけじゃ足りない☆

以前作っていたミニショルダーは無事に仕上がって、父の日を待たずに完成後すぐに取られました。
ホントは子供たちからの手紙とか付けたかったんだけどなー。参観に持っていきたいからって、前夜に急いで終わらせました。
0時過ぎたから、当日か。
完成まで旦那は後ろのソファにいて逃げられない状態だったので、もう必死(笑)
無事に渡せたので、肩の荷が降りてひと安心♪





ただ今はもうすでに次回作に取りかかっています。
今は小学校の給食袋と幼稚園のコップ袋を製作中♪長男は幼稚園の時のコップ袋を使っているんだけど、アイロンで随分傷んできててそのうち破れそうなので、今まで使った子供グッズの端切れを使い大量に裁断しました。あとはどんどん縫うだけ!

あとはミニショルダーの完成品を見たら使い勝手良さそうだし、自分用にも欲しくなったので色ちがいでリュックタイプを作る予定!
子供からのリクエストされているものもあるし…
入学式用パンツをアレンジして夏物パンツ作りたいし…

時間足りないよー

体力も足りないよー

誰か代わりに家事やっといてー


なぁんて、寝不足覚悟で子供達が寝た後に夜な夜な作業をしています。
この時間が一番学生気分になれるからか若返る(笑)
そして朝になると一気に老ける(笑)
毎日かなり充実しています☆
欲を言えばあと3時間、一日が長ければなぁ…













nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

雨の日はのんびりと☆

今日は雨の休日でした。なんてラッキー☆





数日前から頭痛が続いていて、鎮痛剤を飲んでもなかなかスッキリしてくれませんでした。
そんな中参観にいったり、家族で出掛けたり、自転車で30分かけて公園へいったり!
体調無視してちょっと飛ばしてまして…ちょっと反省。

今日は仕事もないし子供達は幼稚園と小学校、旦那は出張中の為朝のお弁当や夜遅くに食事を用意することもない、絶好のお休み日和でした。
こんな日はほんとはいろいろやりたいことがあるけれど、あえて我慢して午前中ゆっくり布団で寝ることに。贅沢な時間です☆

頑張ってる旦那にはなんだか申し訳ないんだけど、我が家の夫婦は具合悪いなら寝てれば?とか、疲れてるなら寝てれば?ってお互い言う関係なので、今日はお言葉に甘えて(?)爆睡!!

昼頃空腹で目覚めました。
寝ててもお腹空くのね。目が覚めるほどお腹空くのね。

起きたらビックリ!数日消えなかった頭痛が全く気にならない!本当にスッキリ!!
やっぱりちょっと疲れてたのかなぁ。無理しなくてよかった。休んだぶん家族にも優しくなれるしね♪私は空腹と寝不足はホントにイライラしちゃう(赤ちゃんかよ)けど、お陰でワケわからない理由で泣いてた我が子にも冷静に対応できました。

主婦もたまには休みましょ~
ニコニコママは家族のため!










nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

いじめられていることを告白出来るか★

不登校関係の内容になります。
不登校〇年目シリーズは、メモ書き程度にまとめたものはあるんだけどなかなか頻繁にここに反映することができないのですが、全てに関係してくる『いじめ』について。






いじめられている子供は、そのほとんどがなかなか誰かに相談することができない事にも苦しんでいます。
辛いなら言えばいいのに、助けを求めればいいのに。
経験のない大人はそう思うでしょう。


でも、いじめられているって本人にとっては本当に惨めなことだし、なぜか親に話したら自分にも原因があるのじゃないかと怒られるかもとか、悲しませるんじゃないかとか、いろんな理由から人にSOSを出せなくなってしまいます。
逆に言えば、親に相談出来てなにかしらのアクションが起これば解決へ進むことができます。
でも、言ってくれなきゃわからないことって多いんです。そういう子はあえて隠しますし。


私はというと、一応なかなか話せない時期もあったんだけど、どうやら隠すのが下手すぎてどう考えても様子がおかしくなるみたいです。
大人になった今でも、機嫌いい時も悪い時もすぐにバレます。子供相手でもね。(ちなみに機嫌のいいママはニコニコママ、不機嫌なママはプリプリママと名付けられています。)


私の母は、そういうサインを見逃さずにいてくれて、忙しい合間を縫って時間をたっぷりかけていろんな話を聞いたり聞かせてくれました。今では主に子育てに関する事になるけれど、悩んだ時は遅い時間まで話に付き合ってくれています。多分、三人兄弟全員そんな風してもらってきたはずです。

子供ながらに、大事にされているってわかってとても嬉しい時間でした。
不登校を克服して何が良かったのかと聞かれたら、親がきちんと向き合ってくれて支えてくれたからだと答えます。それくらい味方がいてくれるってことは心強いことでした。



なかなか話し出せない子を相手にどうすればと思うでしょう。だって親は何も知らないんだもん。
でも、どこかできっとその人なりのサインを出しているはずです。

うちの次男は何かあれば必ず不機嫌な顔をして帰ってきて、誰が僕に何をしたのが嫌だった!って非常に分かりやすく伝えてきます。

長男は誰かに何かされた場合はそれができるけど、何か不安があるとおねしょが増えたりチック(吃り)が出ます。
ストレスで頭痛を訴えたこともあるので、必要なら診察を受けて、不安なことは沢山話をして励ましたり安心させています。

まぁ、今のところ我が子は幼いのでわかりやすくて助かっているだけで、これからはどんどんわかりにくけなるのかなぁなんて思いますが、これからもよく観察して、いざとなったらしっかり支えてあげられる親になりたいです。













nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

不登校5年目★~女子特有の事件~

以前自力で小4の時のトラブルを解決させた記事を書きました。その時に、『ここからとても濃くなる為、数回に分けていく』としていましたが、今回はその続きになります。
私自身はそこまでダメージがあるような事ではなかったけれど、今回は少し「トラブルの中心人物」について思ったことを書きます。





5年になってわりとすぐのこと、女子は『デコボコシール』をコレクションして、交換するのが流行っていました。写真に直接書けるミルキーペンが流行ったあの時代のお話です。

本来学校には勉強に必要ないものを持ってきてはいけないルールだったけど、5年ともなるとムシして持っていっちゃいますよね。文具の可愛さや珍しさ、多さを競うような年齢ですし。

で、Tさんという子がある日デコボコシールを大量にコレクションしてあるシール帳を丸ごと無くす事件が起きました。その子はハデでもジミでもなく、ごくごくフツーなタイプなんだけど、少し暗い面があるかなーっという子。
三人兄弟の第一子でした。そしてクラスで誰よりもシールを持っている子でした。


無くしたシール帳は、誰かが盗った!という騒ぎになり、色々な人がその子から疑われました。
落としたとか、置いてきた?!とならないところが怖いですよね。勿論私も疑われました。

先生を交えて放課後話し合ったり、Tさんと仲良しの子達から直接問い詰められたり、クラス内でギスギスした状態でした。


結局誰が盗ったとかまでは当人同士だけしか知らされなかったんだけど、かなりムカついたのはハッキリ覚えています。しばらくTさんとは関わりませんでした。
シール帳はゴミ箱から見つかったんだっけか…?肝心な所が抜けている…

ただ、フツーの女の子であったTさんがそこまで大事にしてトラブルを招いてしまった原因が、家庭内にあったのは親から聞かされました。保護者会で話題になったのかな?

ご両親がトップの国立大卒エリートで、Tさんは長女。
下にはまだ手のかかる年の離れた兄弟がいて、学業と長女らしさを求められるプレッシャー、思春期のイライラ、沢山の事が重なってトラブルがどんどん大きくなってしまったみたいです。

それ以来先生の介入もあったのか、親子で話し合ったのか…少しずつ彼女の暗さが消えて同い年のクラスメイトにもわかるくらい表情が明るくなりました。

この事件は私が学校に行く行かないとはならなかったことですが、家庭の不満は時としてこんな風に爆発することもあるんだよってことで。
関係ない立場の私にとっては、勝手に当たられ疑われ、本当に大迷惑な事件でした。

やっぱり勉強に関係ないものは持ち込まないほうがいいかもね。いつか子供たちにこの事件くらいは教えてもいいかもしれない。










nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

ワガママと負けず嫌い☆★

リアクションが似ているので混同されがちなこの二つの言葉。
『ワガママ』と『負けず嫌い』について感じたこと。






うちの次男は、誰もが認める負けず嫌いな性格です。
特にお兄ちゃんに対するライバル心が本当に激しいです。兄の方はいたってマイペースなので、弟が邪魔さえしなければ勝ち負けにはさほどこだわりがないのですが、弟はとにかく『一番』にこだわります。

幼稚園のお迎えでなんだか不機嫌だなーと思っていたら、『給食一番に食べ終わらなかった(涙)』

先生に呼び止められ、『鬼ごっこで捕まったら泣いてしまって…』
よくよく本人に確認してみると、『絶対に捕まらないと思って頑張っていたのにタッチされて悔しかった(涙)』

自転車に乗れるようになったばかりの頃の、芝生の公園にて。
『乗れるようになったのに今日は乗れない(悔)』

これは、芝生で漕ぎにくかったみたいでした。アスファルトの所ではスイスイこぎ出せてあっという間にご機嫌に♪
絶対に僕はもう乗れるのに~と、相当悔しかったみたいで何度も諦めずに芝生の上で練習を頑張っていたのは印象的でしたが、転んだ時の事を考えて選んだ地面がいけなかったみたいで申し訳ない…
アスファルトの上では、自信を取り戻して物凄くいい笑顔を見せてくれました。


これに対するワガママパターンだと、まず自転車の練習なんかほっぽり出すでしょう(笑)乗れないのは自転車が悪い!くらいの勢いでね。

ちなみにこれは、私が幼い頃やりそうな言動です。私はとてもとてもワガママなタイプでした。
外面はいいけど、身内には…みたいな。周りを困らせていた、4~5歳の記憶があるけれど、多分子供の頃からストレスをためやすくて、発散のしかたがそういうやり方しか知らなかったんだと思います。

だから給食の食べ終わる順番なんかはどうでもいいんだけど、みんなでゲームをやっていたら自分が勝たないと機嫌が悪くなったりも。
負けず嫌いタイプはそこを努力して次こそは!となるんだろうけど、ワガママタイプはみんなで私を勝たせて!みたいな(笑)
もう自分で書いてて恥ずかしいし情けないや…


鬼ごっこで泣いてしまった次男には、帰宅後その事について話しました。

捕まったの、悔しかったんだよね?だから泣いちゃったんだよね?
そうやって悔しいって思える人は、次はもっと頑張ろうって思える人なんだからとっても良いことなんだよ。だから悔しいことがあったら沢山練習して、次やるときは捕まらないようになろうね。


こんな感じの言い方で話していたら、私が彼の気持ちを理解していたことに喜んだのか、わずか4歳の次男の目がウルウルしだし、また泣いてしまいました。
今度の涙はどうも嬉し涙だったみたい。
子供でも、嬉しくて泣いたりするんだね!私はそっちに驚いてしまいました。

もちろんそんな次男にも、単なるワガママな面もたくさんあります。
でも、親としてはいい方へのばしてあげたい。ワガママじゃなくて、正しく自己主張をできるようになればいいんだから、それを教えてあげて、出来たら褒めて。

似てるリアクションだけど、親は頑張ってうまく見極めて対応するのが実は一番楽なのかな。
叱るのも体力がいるとよくいうけれど、いっこいっこ向き合うだけでも体力というか、精神力が必要で。そうまでして頑張れるのは、愛情があるから。
そうなると、私はホントに愛されていたんだなって思う。じゃなきゃ記憶の中の私はあんなのポイされても可笑しくないくらいだ(笑)
お陰さま出来たら何とか集団生活にも、大人社会にも溶け込めるくらいの人間にはなれたので、次は私が忍耐強く子供たちと向き合う番!

がんばります!!












nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

小1の初恋☆

先日長男が学校から帰ってきた玄関先で、ニコニコ笑顔で『ついてきちゃったー!!』と言いました。


この流れは我が家では犬や猫を連れてきちゃったという意味になります。
旦那は犬とうさぎとモグラ!を連れて帰ってきたとか…






ただ、長男が連れてきたのは動物ではなく人間でした。
入学してから出来た、同じクラスの一番仲良しのK君。


K君は門を出て途中まで一緒の通学路の子。
朝見ている限り合流地点はわかっているけれど、家は知らないし、親の顔もまだわからない。
でも元気いっぱいな感じでいい子そう♪
ただやはり寄り道はお母さんが心配するけど、うちに来ることは親には言ってあるの?と聞くと言ってないとのこと。

思い切った行動の裏にはどうしてもついて来たくなる理由があったのです。

なんでも、ここの所病気で欠席していた女の子のことが好きなんだと。
で、その相手の子はうちの近所で、長男が届け物を頼まれたんだって。
ホントは別の近所の女の子が頼まれたみたいだけど、喧嘩中らしくて(*_*)
女子はいろいろ複雑なのねー。


で、K君は何日も会っていない好きな子に会いたくて一緒に届けに行こうとしたんだって!!


なーにーそーれー!
おばちゃんニヤニヤを隠せないー!なんてかわいい理由なんだ!
相手の子のママに言っちゃってもいい?!?!
とにかく男の子の純粋な気持ちにニヤけてしまった。

小1男児でそれって、ませてるよね?今はわりとあるのかな?
うちの長男の初恋は3歳で、お相手は私の友達。(の、結婚式でドレス姿に一目惚れ)
次は幼稚園年長の時の同じクラスの女の子のことを、一番かわいいって言っていたくらいかな。

そんな、家まで会いに行こうとするほど行動的になれるとは!草食化と言われる現代では有望株なのでは?!


ま、K君を送るついでに届けに行ったら通院中なのか留守で会えず仕舞いで、彼はとても残念がっていたんだけどね。





次に、帰宅が遅れた理由と仲良くしてもらっているご挨拶も兼ねてお母さんに直接会うため家まで一緒に行くことにしました。
うちからだと全然検討がつかないようなので、目印である銀行が見える所まで4人でてくてく。
知らない道だったようで、少し不安がっていました。

嫌な予感。この辺不慣れってことは遠いのでは…

どんどん進む。

あれ?我が家の近くの坂の下まで来ちゃった。それなら普通に降りてきたら10分位短縮出来たぞ…
普段使う通学路らしく、顔に余裕が出てきてちょっと安心。

でも、いつもお母さんが待っていてくれる所に今日はいない!
あれ?あっちにいる自転車で違う道に行ってしまったのはお母さんだ!

とにかくK君焦ってる。お母さんやっぱり心配して探し回っているんじゃん。
追い付かないので、とにかくひたすら自宅へ向かい玄関で待っていたらなんとかなるかなぁと思った矢先、反対側から物凄い視線。

自転車で走り回っていたお母さんは反対側も探していたようで、
正しいルート上を歩いていた私たちに気付いて走りよってきてくれた。

お母さんもプチパニック状態の所申し訳ないけど、まずは自己紹介から。不審者じゃありませんよーってね。幸いK君も家でうちの長男の話をよくしていてくれたみたいで、すんなり理解してくれた。

で、本題のなぜ遅くなって私たちまで一緒に歩いていたかを説明すると、ようやく落ち着いた表情になってくれた。よかった、一緒に来てて。子供だけじゃ、説明もよくわからないしまず先に滅茶苦茶怒られるだけだもんね。
道中で私からも『遊びに来る場合は、きちんとお母さんに確認してからね!』と言っておいたけど、改めてお母さんの前でもお互い親の承諾を得てからなら遊びにきてもいいということを伝えました。

結局家まで行ったわけじゃないので、あの地点からどれくらいあるのかわからないけど、学区外だから遠かったんだって。
でもうちもスレスレな所に住んでいるから、実は今回みたいに迷わなければ結構近いんだよーって話して、次はきちんと約束を守ってから遊びにおいでともいいました。


親の立場になると、帰ってくるはずの子供がなかなか帰ってこない。別の道も見たけどいない…もしかしたら学校まで探しに行っていたのかもしれない…そう思うとあのお母さんは相当不安だっただろうと思う。

小学生になってもいろいろ大変ね。
次はみんなが安心して遊びに来られるといいな。
という、なんだかドキドキな事件?でした。

おしまい★





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

乳ガン、子宮ガン検診☆

今日の報道で、小林麻央さんが乳ガンのため闘病中だということが夫である市川海老蔵さんから語られました。




ご夫婦にはまだ幼い子供が二人。
1年8ヶ月前から闘病中ということで、特に知り合いでもなければファンでもないけれど、会見を見てとても悲しくなりました。
気丈に話す海老蔵さんが痛々しくて、うちの旦那は見ない方がいいかも。


私が子供を生んだとき強く思ったのが、とにかく死にたくないということ。
とにかく子供を残したくない。離れたくないと思った。怖かった。

二人目を生むときは、絶対に赤ちゃんと二人元気に家に帰ってこようと思った。
私の祖母が叶えられなかったことだから、きちんと退院出来たときはそれだけで幸せだと思った。(実際は滅茶苦茶スピード安産で、元気いっぱいに退院しました。)


二人の子供に恵まれて、宝物たちがスクスクと育っていくなかのガン宣告は、彼女にどれ程のショックを与えたのだろうか。
会見では、病状は深刻だと語られた。
まだ上の子だって5歳前くらい?うちの次男と同い年みたいです。
ママは入院していて、パパは仕事をこなしながらの育児と妻のサポート。
どれだけの苦労を抱えてきたんだろう。
子供たちはどれだけ寂しい気持ちを我慢しているんだろう。
我が子に置き換えると、とてもとても…
どうか元気になってほしいです。

私自身は次男を妊娠中に一度だけ子宮ガン検診を受けたことがあるけれど、やっぱりまた受けよう。
乳ガンは出産授乳経験があればまだ…と思っていたけど、こうして子持ちのタレントさんが何人も患っているのを知るとね…
ちょうど旦那の会社から扶養家族の健康診断に関する書類がきていたし、忙しさにかまけてスルーしていたけど検討してみようと思いました。
















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児